♪スマホアプリが無料で遊べる

初めてのこと

最近思いだすのは、小学生から高校までの頃のこと。恋愛に未熟で何をやってたんだろうと、あの頃の自分に会ったら言ってやりたいことが山ほどあるんですよね。生き方とかもそうですが、やはり恋愛に関しての思い出はたくさんあって、それを一個づつこれはこうでしょ〜みたいに始動してやりたいと思いますね。

 

一番最初に恋人になるという関係になった子は中学二年生の時でした。確かにドキドキしたりはあったんですが、可愛いもんですよね。きっとちょっと可愛いと思える子なら誰でも良かったような気がします。しかし・・・その子とは初めてキスをしました。その直後の会話・・・。寒い日の夜中だったので、キスをした後に鼻水が出そうになって、「鼻水でるわ〜。ラーメン食べても鼻水出るよね・・・」でした。。。何じゃ子のセリフは〜!しっかり覚えていると言うことは、それだけ後になって後悔している証拠ですよね・・・・。アホな会話です・・・。

 

もう中学生の頃には童貞捨てたい!と言う感情が生まれていました。ませてますね〜。体もまだ出来あがっても居ないのに、そんなことばかり考えていました。中学3年くらいから始まり、結局初めての体験は高校二年生の時でした。初めての時も恥ずかしいことに、入ったか、入ってないか・・・と言う感じでフィニッシュ・・・。情けない・・・。ちゃんとしようや〜って感じです。

 

なんとなくまともに恋愛が出来るようになったのは、20代も中ごろからかもしれません。ちょっと余裕も出来るようになって、お金にも苦労することが少なくなったからでしょう。そして場数ですよね。どれだけの女の子と関わってきたか・・・。そんなことが重要なんですね〜。

 

今では・・・恋愛感情も大して湧かなくなり、可愛さや夜の営みよりも話してて楽しいほうが優先されるようになりました・・・。息子も反応が悪いですしね。

 

ま・・・そんな今、あの頃の自分に会って言いたいことは・・・頑張れ!俺!ですねw